ミニム・ミディアムプランのレンタルサーバーを使ってみた※感想レビュー

ミニムミディアムプランを使っています。

サーバー名 ミニム
運営会社 ネットグルーヴ
ドメイン数 100
ワードプレス数 10
転送量目安(月) 1GB/日(30GB/月)
ディスク容量 6GB
初期費用 494円
年間費用 2,832円
月額換算 236円

※費用は消費税込み金額

価格としては非常にリーズナブルで格安レンタルサーバーの中でも優秀です。

最近よく使われるワードプレスにも対応していて、最大で10サイト分のワードプレスインストールが可能になっています。

ミニム・ミディアムプランの率直な感想

thumb_www_minim_jp

ミニムのミディアムプランを実際に使ってみた率直な感想ですが比較的使いやすいと思います。

サイト運用、ワードプレス使用が私の主な用途になっていますが操作面が簡単で癖が少ないという感じです。

操作面が直感的でなく癖があるサーバーって実は多いんですね。そういうところが余り無いので好印象です。

レンタルサーバーを借りたことがないという方でも利用して迷うことがないのではないか?というくらい使いやすい印象です。

後はプランがたくさんあって、ミニマム、ミディアム、マキシマム、プレミアム、独占…など迷うかもしれませんが、普通にサイト運営するならミディアムが最もコストパフォーマンスが高い感じがします。

ミニマムは年間2,220円で30ドメインまでワードプレスは3個まで可能です。

対してミディアムは年間2,832円で100ドメインまでワードプレスは10個まで設置可能です。

プラン名 年間費用 ドメイン数 WP数
ミニマム 2,200円 30 3
ミディアム 2,832円 100 10
マキシマム 4,068円 150 15
プレミアム 11,100円 300 30

比較してみるとやはりミディアムの方がドメイン上限数が多くワードプレスにも余裕がありますね。実際にそんなにたくさんサイトを運営しないという方も多いかもしれませんが、余裕があった方が良いかなと思います。

またマキシマムやプレミアムもありますが、こちらは価格の割にワードプレスの設置数が少ないような気がしますね(15と30が上限)。ドメイン上限数はかなり多いのですが(150と300)さすがにそんなにたくさんのドメインを運用する方はそうそういませんよね。

ミニムの問題点とは?

ミニムで気になると言えば転送量です。転送量とはデータの転送した量を言います。例えばあなたのサイトに訪問者が来て様々な情報を閲覧したとしますね。それはデータを転送しているから向こうは情報を見ることができます。

その情報量、データ量が増えれば増えるほどサーバーに負荷がかかります。そのデータの転送量はミニムでは上限が決まっています。

それが1GB/日(30GB/月)ということになっています。あくまでも目安なんですが1日に1GBというのはちょっと少ないと思います。大手サーバーになると安いサーバーでも1日50GBまで耐えることができるサーバーがあります。つまりミニムの1ヶ月の転送量より多い負荷を耐えるサーバーがある訳です。

それを考えるとミニムで大型サイトを運営するのは危険です。

閲覧者が増えてアクセス過多になればサーバーが停止してしまうこともあります。

ですから小規模なサイトを多く運営するのに適しているのがミニムです。

小規模なサイトって何だよと言われても非常に難しいのですが(^o^;)、アクセスが多くても日に1000PVも無いくらいの規模のサイトなら多く運営できそうだということです。

まあ一般的な個人サイトであれば日に1000PVもアクセスはありませんので1万PV当たり前だよという方はミニムでサイトを運営するべきではないでしょう。

最後にもう一つ気になることは別ウィンドウで開いてしまうことです。例えば公式HPから管理画面にログインしようとすると何故か別窓で開いちゃうんです。どうしてこんな設定になっているのか分かりません…。

ミニムの良さって何?

ミニムのミディアムプランを使っていますが年間費用が2,832円でワードプレスが10サイト運営できる格安レンタルサーバーというのは国内ではミニムだけでしょう。

大体は3サイトとか5サイトくらいが上限です。

無制限となると年間5000円以上のコアサーバーのcoreAとなりますから、ミニムはコスパが高いサイトです。

ワードプレスは自由度が高いサイト運営ができますし難しいことはそんなにありませんので、ワードプレスで多くのサイトを運営したい人向きなのがミニムかなと思います。

minimba